忍者ミュージカル「正心」お疲れさまでした!

御鏡メディア

様ご無沙汰しております。

 

インフルエンザで一週間寝込んだ文蔵です。

冬は空気が乾燥してますし、

体温も下がるので、本当に注意が必要ですね。

 

本サイトをご覧になっている皆様も、

体調にはお気をつけください。

 

 

さて、昨年末から今月までずっと力を入れていたのが、

忍者ミュージカルの「正心」でした。

 

 

忍者を広める会と滋賀のミュージカル劇団『ミュージカルパーク』

の共同主催ということで、様々な方に助けられ、

初公演を行うことができました。

 

 

今回のミュージカルのテーマも、タイトルに据えた

 

「正心」

 

というものになります。

 

 

正心とは・・・以前も少しお話ししましたが、

 

「私欲を捨て世のため人のために力を尽くす心」

 

という、忍者の心得のようなものです。

 

 

この心の有り様は、

忍者を広める会をやっている私自身が

忍者というモノの現代の価値だと感じているものです。

 

 

小我は我ではない、という発想ですね。

 

 

それをテーマに忍者をエンターテイメントしてみました。

ご来場頂いたお客様、本当にありがとうございます。

 

こういった心得のようなものは、

良くも悪くも人を縛る要素となるものです。

 

この正心に憧れを持つ者、

正心に縛られるのを是としない者、

正心を全うしようとする者、

 

それぞれの登場人物が敵味方関係なく、

この概念とぶつかる物語、楽しんでいただけたなら幸いです。

 

 

現代の私たちが生きる時の指針として、

こういった忍びの教えや生き方が活かされるなら、

これほど嬉しいことはありません。

 

 

今回公演を行ったことで、

まだまだ表現の可能性があるなと感じました。

 

 

ご来場いただいたお客様全員に楽しんでいただくということは

当然のこととして、今後再演となる時には、

今回お届けした者よりももっともっと、

作り込んで、忍者に寄り添える作品に仕上げていきたいと思います。

 

 

舞台化という少し大掛かりなプロジェクトは一旦終わりましたが、

忍者というコンセプトを中心に据えた活動は

今後も続けていきます。

 

 

引き続き皆様にはお付き合いいただけると幸いです。

 

 

コメント